MC型ステレオ・カートリッジ Hyper Eminent

Hyper Eminent

標準小売価格 460,000円(税別)
針交換価格(本体交換) 290,000円(税別)
周波数範囲 10〜50,000Hz
出力電圧 0.5mV/1kHz
内部インピーダンス 1.8Ω(DCR)
針圧 1.9〜2.2g
針先 セミ・ラインコンタクト(3μm〜30μm)
自重 9.5g
発売時期 2007年4月


製品解説

マイソニックラボが、2003年秋に「Sourceインピーダンスは低く、出力エネルギーは高く…!」をテーマとして発表したMCカートリッジ「Eminent」は、内部インピーダンス:1.8Ω/出力電圧:0.5mVという、世界初の高効率設計のカートリッジとして衝撃をもたらしました。
そしてそれはMCカートリッジの発電原理の基本であり、理想の形でもあります。
この性能をどう発展させていくか…?で音質向上を図るのが、カートリッジ作りに求められています。
Hyper Eminentは、1号機Eminentの経験からさらなる完成度を得るために、カートリッジベースの振動モードの追求と振動系のサスペンション機構の精度の追求を目指しました。そしてベース部にはより硬度の高い超々ジュラルミン(A7075)を採用、さらに単一素材による固有共振を排除するために、表面硬化処理を施すことで更なる強化策を講じたサンドイッチ効果を導入、しかし、もともとが航空機用であるため、強度重視の材料であり、メッキ性が良くないため、表面処理には困難を伴い歩留り率(良品率)は極めて悪くなりますが、Hyper Eminentに求められる音質のためには、他の処理に替えることができないとの理由から、結果的に高価な部品にはなりますが、特殊なイオン硬化処理法を導入し、表面硬度Hv1500以上を実現しました。
一方で、振動系の支点の確立では多くを語られているわりには、不安定要素が多いため、スタイラスをセミ・アッセンブリーの形で入手し、社内にて再加工を施して組立て管理するという、何とも手間のかかる方法で製品の安定化を図っています。